指定地域外、携帯電話からの電話(着信)を拒否する

今回は、着信設定の「着信制限」で設定できる、「指定地域外、携帯電話からの電話(着信)を拒否する」方法をご紹介いたします。

ちなみに、この機能は「発信機能」ではご利用いただけません。着信機能でのみご利用いただけます。あらかじめご了承ください。

使い道としては、例えば、九州地方(市外局番)のみから電話を受け付けたい、拒否したい場合や、携帯電話からの電話を拒否したい、受けたい場合などに有効です。

事前に賢く設定しておけば、自社サービス利用の対象外地域からのお問い合わせを防げる他、ナビフォンの利用料金削減にも繋がります。

また、NTTコミュニケーションズの「ナビダイヤル」でも同様のサービスを提供しておりますが、こちらの場合はオプションとなっており、別途料金が発生いたします。ナビフォンなら標準サービスとしてご提供しておりますのでその点はご安心下さい。

既に、着信制限の基本設定についてはナビゲーション設定の着信制限設定(着信拒否)について(その1)でご紹介しておりますので、まだご覧になっていない方は先にそちらをご覧下さい。

では、早速設定していきましょう。まずは下図のように、ナビ設定一覧画面より「着信制限」したい電話番号のナビ設定をお選びください。

00000

ナビ設定画面を開きましたら下図のように、「編集」ボタンをクリックします。

00001

開きましたら、上図のように「分岐の設定」画面が表示されますので、下図のように「着信制限」タブを開いて、「着信拒否を設定」にチェックを入れます。

チェックをいれることで、「着信拒否」が利用できるようになりました。(「着信制限」では「着信許可を設定」もしくは「着信を設定」のいずれか一つしか選べません。)

00002

では早速、着信拒否したい電話番号を登録したいと思います。下図のように「着信拒否番号を登録・編集する」ボタンをクリックします。

00003

着信拒否番号設定画面では、下図でご紹介している通り、特定の電話番号や特定の市外局番を拒否することができます。また、オプションとして「非通知電話番号設定」に関する設定もございますので、状況に併せてご選択ください。

00004

ここでは、東京「03」番号と、携帯電話番号「090」、「080」、「070」番号を着信拒否に設定したいと思います。

また、今回は特定の電話番号は入力せず、いずれも「市外局番」の入力となりますので、タブで「市外局番」を選択し、「03」、号「090」、「080」、「070」番号をそれぞれ登録します。(IP電話からの電話を拒否する場合は「050」番号を設定しましょう。)

設定後は「分岐の設定に戻る」をクリックすれば、設定が保存され、前の画面へ戻れます。

00005

「分岐の設定」画面に戻ると、先ほど設定した拒否数番号の総数が更新され、下図のように4件と表示されているはずです。ご確認ください。

00007

また、ここでは着信拒否になった発信者にメッセージを設定することも可能です。

もし、メッセージを何も設定しない場合、着信拒否された発信者はすぐに通話が切断されますが、事前に設定しておくとメッセージを流すことが可能です。

メッセージは、発信者に不愉快な思いをさせない為にも事前に設定しておくことをお薦めいたします。

ここでは、下図のように「恐れ入りますが、対象外地域、対象外デバイスの為、お繋ぎすることができません。」と設定しました。

00008

これで一通り、設定が完了しました。実際に設定されているかどうか、電話を掛けて確認してみましょう。

以上が「指定地域外、携帯電話からの電話(着信)を拒否する」方法です。ご紹介した方法は一つのみではなく、分岐ごとに設定することができますので、ご紹介した以外にも様々な場面で使い道があるかと思います。

追記です。上記方法を利用すれば、「指定地域外、携帯電話からの電話(着信)を許可する」方法も簡単です。「着信制限」で、「着信許可を設定」に設定し、上記の流れで設定すれば完了です。

ぜひ一度お試し下さい。

タイトルとURLをコピーしました