決済履歴で除外する電話番号の登録

ナビフォンでは、新しい機能として決済履歴画面に、「除外電話番号」機能を追加しました。

この機能は、「決済履歴」から登録した電話番号を決済履歴から一時的に「非表示」にする機能です。(削除はされません。)

では、早速、設定をしながらご紹介していきます。

まず「決済履歴」画面を開きます。左メニューの「決済履歴」をクリックして遷移してください。

00003

「決済履歴」画面を開くと、画面右上に「除外する電話番号の登録」というボタンがありますので、そちらをクリックします。

00001

クリックすると、下図のようにモーダルウィンドウが表示されますので、ここから除外する電話番号を登録します(対象は「利用項目」部分の列になります。)。説明にもございますように複数登録する場合は、改行してご登録ください。

00004

登録後は「設定を保存」ボタンを押すと保存されます。

すると、すぐに決済履歴に反映され、登録された電話番号が決済履歴から一時的に非表示になります。

また、下図のようにページネーション部分にも除外された履歴数が表示されますのでチェックしてみてください。下図の場合、いくつか除外する電話番号を登録しましたので、決済履歴から15件の履歴が削除されています。

00002

また、「除外電話番号」機能は「非通知」の電話番号も対象にすることが可能です。

非通知履歴を決済履歴から一時的に非表示にする場合は、先ほどのモーダルウィンドウの設定で「非通知を除外する」にチェックすれば、すぐに履歴から「非通知」の表示が消えます。

00003

電話番号の除外を解除する場合は、登録時と逆のことをすれば除外を解錠することができます。

「除外する電話番号の登録」をクリックして登録した電話番号を削除して保存してください。削除すれば、決済履歴の結果も元に戻ります。

ちなみに、除外した電話番号はCSVダウンロードにも適用され、CSVの情報からも削除されますのでご注意ください。