基本的なガイダンス設定について

ナビフォンを初めて利用するという方の為に、ナビフォンの基本設定である「ガイダンス」設定について、実際に設定しながらご紹介していきたいと思います。

ここでは事前にナビフォンポイントを購入し、電話番号を既に購入済みの方という前提の元、説明を進めていきますので、まだナビフォンポイント、電話番号を購入していないという方は、「ナビフォン利用準備」をまずはじめにご覧ください。

では、実際にナビフォンの画面と一緒にご紹介していきます。

ナビフォンでは標準サービスとして合成音声機能をご用意しておりますので、自動音声の音声ファイルを用意せずに、ガイダンスのフォームに文字を入力するだけで、簡単に合成音声を流すことができます。

まずは、ナビフォンにログインしていただき、左メニューにある「ナビ設定」のリンクをクリックして下さい。

下図のようにナビ設定画面では、購入した電話番号が表示され、それぞれの電話番号のナビ設定ボタンが表示されています。(ナビフォンなら、一つの電話番号で「発信機能」、「着信機能」両方同時にお使いいただくことが可能です。)

00000

今回は、着信機能の「ガイダンス設定」を行いたいと思いますので、下図のように設定したい電話番号の「着信機能」の「ナビ設定」をクリックしてください。

00001

すると、下図のように対象電話番号のナビ設定画面が表示されます。(下図はまだ何も設定されていない初期画面になります。)

00002

次に、下図のように、「ルート(初期設定名)」と表示されている部分の「編集」ボタンをクリックしてください。

00007

すると、「分岐の設定」画面が表示されます。

では、早速、企業の自動音声でよくあるガイダンスを設定してみましょう。(「分岐タイトル」の入力は必須ではありません。任意入力となっておりますので、自分がタイトルを見て、すぐに設定内容が分かるようにしておくと便利です。)

下図のようにタブで「ガイダンス」を選択します(「ガイダンス」は初期状態で選択されています)。

00003

次に、下図のようにラジオボタンの「テキスト(合成音声)」を選択して、フォームに文字を入力します。ここで入力した内容が合成音声として流れます。

ここでは、下図のように例文として、「お電話ありがとうございます。ABC会社です。」
「はじめての方は1番を、既にアポイントをとっている方は2番をダイヤルして下さい。」

と入力してみましょう。

00004

あとは、下部の「登録する」ボタンを押せば、ガイダンス設定の完了です。あっという間ですね。

では、どんなガイダンスになるのか、実際に電話をかけて聞いてみましょう。(自動音声の確認は実際に電話を掛けて試していただく必要がございます)。合成音声で入力したとおりの音声が流れるはずです。

しかし、ここで問題が発生しました。上記の設定だと、実際に電話で合成音声を聞いてみたところ、「方」という漢字を、合成音声では「ほう」と発声しているようです。

このままだと問題ですので修正します。

早速、ガイダンス設定で、下図のように「方」を「かた」のようにひらがなに変更し再登録してみました。また、下図の説明部分にもありますが、ナビフォンの合成音声ではタグにより間(無音)を入れることが可能です。そこで、「ABC会社です。」の後に1秒の間を挿入して見ました({1}は1秒、{3}は3秒間、タグで間(無音)を入れることができます。)。

00005

それでは、再度、実際に電話を掛けて合成音声を確認してみます。

今度は、正しく発音されているようです。

このように、入力内容によっては、一部合成音声が正しく発音されない場合もございますので、その場合は、かな入力をお試し下さい。

また、ガイダンスでは、メッセージを流さない「メッセージなし」や、ご自身で用意した音声ファイルも流す「音声ファイル」の選択も可能ですので用途に応じて使い分けいただけます。(音声ファイルは 5 MB以内、ファイル形式は MP3、wav、AIFF、GSM、μ-law がご利用になれます。)

アップした音声ファイルについては、最新のブラウザなら、下図のように「音声ファイル」をクリックするとダウンロードせずに、ブラウザ上で音声を確認することができます。(アップする音声ファイル名は英数字にして下さい。2バイト文字だとエラーになります。)

00006

もし、ナビフォン標準の合成音声にご満足いただけない場合は、音声ファイルのご利用をお勧めいたします。また、今回は着信機能のガイダンス設定をご紹介しましたが、「発信機能」についても上記同様の設定となります。

ガイダンス設定はナビフォンの基本となる設定であり、一番利用する設定です。ぜひ使い慣れておきましょう。