着信日時別ナビ設定について

前回の「ナビテンプレートについて」に続き、ここではナビフォンテンプレートの応用編として、「着信着信日時別ナビ設定」についてご紹介していきたいと思います。

但し、着信日時別ナビ設定については、最初から覚える必要はございません。ある程度ナビフォンを使い慣れてから覚えた方が理解しやすいかと思います。なので、一旦飛ばしていただいても構いません。

簡単に言うと、「着信日時別ナビ設定」は、曜日、時間別にナビ設定(ナビテンプレート)を適用できる機能です。(着信日時別ナビ設定は着信機能のみでご利用いただけます。発信機能にはございません。)

通常は一つの電話番号につき一つのナビ設定が適用されますが、着信日時別ナビ設定を使えば、下図のように曜日、時間別にナビ設定を複数適用することができます。

00001

つまり、一つの電話番号に複数のナビ設定を適用させることができますので、いままで以上に、複雑なナビ設定が作成できるということです。

それでは、着信日時別ナビ設定についてご紹介していきましょう。

ここでは作成事例として、下記のような留守番用の着信日時別ナビ設定を作成したいと思います。


土、日、祝日は留守で電話応対ができないので、着信日時別ナビ設定を利用して、土、日、祝日のみ、「申し訳ございません。ただいま留守です。」という自動音声を流すように設定する。


まず、着信日時別ナビ設定の設定には、ナビテンプレートが1つ以上必要です。

なので、早速ナビテンプレートを作成していきたいと思います。

では、下図のようにナビテンプレート画面を開き、既に作成した「ナビ1」とは別に「留守番用」と題した新たなナビテンプレートを作成してください。

00002

画面緑色のボタン「新規作成」ボタンを押して、ナビテンプレート名を「留守番用」とし、保存します。

次に、分岐「ルート」の編集ボタンをクリックして、「分岐の設定」画面に遷移します。

00003

今度は下図のように、タブで「ガイダンス」、ガイダンス部分は、テキスト(合成音声)のラジオボタンを選択し、フォーム内に「申し訳ございません。ただいま留守です。」と入力して「登録する」ボタンをクリックしてください。

00001

これで、「留守番用」のナビテンプレートが完成しました。

これを早速、着信日時別ナビ設定に適用します。

まず、下図のように「ナビ設定」画面を開き、着信日時別ナビ設定を適用したい電話番号の着信機能「ナビ設定」をクリックしてください。

00002

ナビ設定を開くと、下図のように、左上に「着信日時別ナビ設定」の設定状況がございますので「未設定」をクリックします。(まだ、着信日時別ナビ設定を設定していないので未設定と表示されます。)

00003

続いて、下図のように、着信日時別ナビ設定画面が表示されますので、画面左上の「設定を追加する」ボタンをクリックしてください。

00005

すると、下図ような、曜日、時間設定とともに、ナビテンプレートのプルダウンが表示されますので、曜日は土日祝日、時間は24時間、ナビテンプレートは「留守番用」に設定し、保存します。

00006

これで着信日時別ナビ設定が完了しました。

今回の着信日時別ナビ設定では、作成事例通り、土日祝日(24時間)に電話を着信すると、ガイダンスで「申し訳ございません。ただいま留守です。」という自動音声が流れ、その後、通話が切れるという処理を作成しました。

00009

では、設定確認の為、ナビ設定画面に戻ってみましょう。

以前と変わった点として、左上の設定状況では、着信日時別ナビ設定が「設定済み」に変更され、ナビ設定部分には、新たに、着信日時別ナビ設定についての注意文が表示されるようになりました(青背景の部分)。

00007

では、実際に電話を掛けてみます。もし「着信日時別ナビ設定」の対象日時なら「申し訳ございません。ただいま留守です。」という音声後に電話が切れるはずです。

いかがでしたでしょうか?これですべての設定が完了しました。

1点、注意点として、着信日時別ナビ設定は、通常のナビ設定よりも優先されて処理されますのでその点だけはご注意ください。

00007

この処理優先度は、今後、ナビフォンを利用する上で重要な仕様となりますので、頭の片隅にでも覚えておくと良いでしょう。

このように、「着信日時別ナビ設定」は、使いこなせるようになると、利用用途を大幅に広げることが可能です。

タイトルとURLをコピーしました