「着信機能」と「発信機能」について

Pocket
LINEで送る

ナビフォンの機能には、大きくわけで「着信機能」と「発信機能」がございます。ナビフォンは、一つの電話番号に「着信機能」、「発信機能」を持ち、それぞれに独立した設定をすることが可能です。

00007

つまり、電話番号一つで、「着信機能」と「発信機能」を同時に利用することができるというわけです。

例えば、「着信機能」では、いわゆるIVRサービスを構築できる他、発信機能では、モーニングコールを自分で構築することも可能です。

もちろん、「IVR」、「モーニングコール」専用のサービスというわけではありません。ユーザーのアイデア次第で「IVR」や「モーニングコール」機能以外のことにも、もちろんご利用いただけます。

「着信機能」では、ナビフォンへ掛かってきた電話番号を自動で処理することができ、着信に重点をおいたサービスを構築することができます。例えば、前述した「IVR」のようなサービスです。

ナビフォンに掛かってきた電話を着信拒否したり、自動音声を流したり、分岐させたり、録音したり、自動応答で対応することができます。

また、「発信機能」では、ナビフォンから自動で外部の電話番号へ発信することができます。例えば、指定した時間に指定した音声で電話を発信することができますので、上述したように「モーニングコール」を自作することも簡単です。

しかも、一つの電話番号に複数の着信があっても、「発信機能」と「着信機能」を両方同時(同時間)に利用しても話中(ビジートーン)や、混線することがございません。

一般の電話サービスなら、事前に複数の回線を用意しておかないと、話中(ビジートーン)となりますが、ナビフォンでは複数の着信、発信を同時に処理することができます。(もちろん上限がないということではございませんが、十分対応できる余裕がございます)。

その為、集中的に通信が発生する、電話サービス(キャンペーンや通販番組)などにも、圧倒的な価格パフォーマンスでご活用いただけます。

もちろん、「着信機能」、「発信機能」と、両方利用しても利用料金は変わりません。毎月の電話番号料+通信料(都度課金)+着信料(都度課金)のみでご利用いただけます。

また、着信機能、発信機能のいずれか利用しないという場合は、一時的にステータスを変更して、一時停止設定を行って下さい。詳細につきましては「ナビフォンのステータス変更について」をご覧下さい。

 

SNSでもご購読できます。