ナビゲーション設定の「間違いプッシュ」について

ナビフォンの「分岐の設定」では、様々な設定をすることが可能です。

00000

今回は、引き続き「ナビゲーション設定」の「間違いプッシュ」についてご紹介していきます。

「間違いプッシュ」とは、事前に設定されていないダイヤル番号を押した場合にメッセージを流す機能です。

例えば、発信者、着信者が設定されていないダイヤル番号を押した場合に、ガイダンスを最初から流すように設定することができます。「間違いプッシュ」の設定は必須ではございませんが、設定しておけば、発信者、着信者を補助する機能としてご活用いただけるはずです。

では、早速ですが、実際に設定をしながらご紹介していきます。

まずは、前回同様、着信機能の「ナビ設定」をご選択ください。今回も、着信機能に設定してまいります。

00002

前回と同様、下図のようにナビ設定を開き、「ルート」の編集ボタンをクリックしてください。

00000

編集ボタンを押すと、下図のように「分岐の設定」画面が表示されますので、「間違いプッシュ」タブを選択し「間違いプッシュを設定」をチェックしてください。

00001

これで「間違いプッシュ」が有効になりました。

併せて、この「間違いプッシュ」では、「設定されていないダイヤル番号を押した場合のメッセージ」が設定できます。

なので、ここでは下図のように「ダイヤル番号が間違っています。」と入力しておきましょう。

00002

これで「間違いプッシュ」の設定が完了しました。後は、「登録する」ボタンをクリックして登録しましょう。

それでは今回も処理順序を確認してみます。

「再ナビゲーション番号」と同様、「間違いプッシュ」も、ガイダンスと同列に扱われる処理になりますのでアイコンが並列に表示されます(ガイダンスが有効でない場合は間違いプッシュも無効になります)。

00003

では、実際どのような処理になるか確認の為、電話を掛けてみましょう。

電話を掛けるとガイダンスが流れた後に、「再ナビゲーション番号」で設定した「再度このメッセージをお聞きになりたい場合は「9」をダイヤルしてください。」というガイダンスが流れます。

そこで、ガイダンス中、ガイダンス後でも構いませんが、何も設定していない「5」をダイヤルしてみます。そうすると先ほど設定した「ダイヤル番号が間違っています。」というメッセージが流れた後、再度ガイダンスが流れ始めました。設定した通りです。

いかがでしたでしょうか?

引き続き、ナビゲーション設定についてご紹介していきます。