ナビゲーション設定の「暗証番号」について

ナビフォンの「分岐の設定」では、様々な設定をすることができます。

その中でもここでは「暗証番号」についてご紹介していきます。

00000

「暗証番号」とはその名の通り、分岐に暗証番号(パスワード)を設定する機能です。分岐の設定で暗証番号を設定すると、発信後、もしくは着信後、まずはじめに暗証番号を求められるようになります(「暗証番号」は発信機能、着信機能両方にございます)。

つまり、発信者、または着信者は「暗証番号」を知らないと、その分岐以降、進むことができなくなります。

例えば、着信機能で利用する場合、ナビフォンの電話番号を知っていたとしても、暗証番号を知らないと、分岐を進めることができませんから、事前に特定の人のみに暗証番号を知らせておけば、特定の人だけ利用することが可能になるというわけです。

では、早速、暗証番号を設定をしながらご紹介していきましょう。

まずは、下図のように着信機能の「ナビ設定」をご選択ください。着信機能の暗証番号を設定してまいります。

00002

今回は、「暗証番号」という機能上、一番上の分岐(下図の場合は「ルート」)に設定したいと思います。この部分に設定すれば、着信後すぐに暗証番号が求められます。

設定につきましては前回の続きからです。

00001

では、上図のように「ルート」の編集ボタンをクリックし、「分岐の設定」画面を表示してください。

「分岐の設定」画面では、下図のように、「ナビゲーション設定」部分の「暗証番号」タブを選択し、「暗証番号を設定する」にチェックをいれます。

00002

すると、暗証番号の入力フォームが表示されますので、4桁の暗証番号をご入力ください。

ここでは、「0000」と入力します。

00003

これで暗証番号の設定は完了ですが、他にも、下図のように「暗証番号入力前のメッセージ」と「暗証番号が間違っていた場合のメッセージ」の設定をすることができます。

00004

せっかくですから、上図のように「暗証番号入力前のメッセージ」には「暗証番号を入力してください。」と入力し、「暗証番号が間違っていた場合のメッセージ」には「暗証番号が間違っています。」というユーザーに分かりやすいメッセージを入力します。

これですべての設定が完了しました。

ちなみにこの際、処理順序を確認すると、ガイダンスの前に「暗証番号」が処理される仕様になっています。つまり仕様上、ガイダンスよりも暗証番号の処理が優先されるということになります。

00005

では、設定確認の為に、実際に電話を掛けてみましょう。

電話を掛けると設定したとおり、「暗証番号を入力してください。」というガイダンスが流れ、暗証番号「0000」をダイヤルすると次の分岐に正常に進みました。(もし、暗証番号が入力されない場合は、一定時間後、自動的に通話が切れます。)

実際にご利用される際は、暗証番号の設定後、特定の人のみに暗証番号を公開すれば完了です。暗証番号を知っている、特定の人のみが分岐を進めることができます。

いかがでしたでしょうか?

引き続き、ナビゲーション設定についてご紹介していきます。