ナビゲーション設定の「再ナビゲーション番号」について

Pocket
LINEで送る

既にご紹介のとおり、ナビフォンの「分岐の設定」では、様々な設定をすることができます。

00000

では、今回も前回の続きとして「ナビゲーション設定」部分の「再ナビゲーション番号」についてご紹介していきます。

「再ナビゲーション番号」とは、ガイダンスを繰り返すダイヤル番号を設定できる機能のことです。(「再ナビゲーション番号」は発信機能、着信機能両方にございます)。

例えば、「再ナビゲーション番号」を設定した場合、ガイダンスが流れた後に「もう一度お聞きになる方は、9番を押して下さい。」のように、ガイダンスとダイヤル番号を設定することができます。

利用用途としては、ガイダンスを聞き逃した方に、指定ダイヤル番号を押すだけで、ガイダンスを再度流すようにできますので、発信者、着信者を補助することができます。

それでは早速ですが、実際に設定をしながらご紹介していきましょう。

まずは、前回同様、着信機能の「ナビ設定」をご選択ください。今回も、着信機能に設定してまいります。

00002

前回と同様、下図のようにナビ設定を開き、「ルート」の編集ボタンをクリックしてください。

今回も、下図のように「ルート」部分のみに適用しますが、「再ナビゲーション番号」の仕様上、すべての分岐で設定しても問題ない機能だと思われます。

00000

編集ボタンを押すと、下図のように「分岐の設定」画面が表示されますので、「再ナビゲーション番号」タブを選択し「再ナビゲーション番号を設定」をチェックしてください。

これで「再ナビゲーション番号」が有効になりました。

00001

「再ナビゲーション番号」で主に指定するものは「ダイヤル番号」だけです。

ここは、あまり利用しない「9番」を選択することにしました。既にダイヤル番号の「1」、「2」、「3」は分岐で使用していますので、下図のように最初から選べなくなっています。

00002

続けて「ガイダンスの後に流すメッセージ」も下記のように設定したいと思います。

「再度このメッセージをお聞きになりたい場合は「9」をダイヤルしてください{1}」

00003

その名の通り、「ガイダンスの後に流すメッセージ」を設定するとガイダンスの後に設定したメッセージが追加されて流れます。

設定が完了したら「登録する」ボタンをクリックして登録を完了させてください。

これで「再ナビゲーション番号」の設定は完了しました。

併せて、処理順序も確認してみましょう。

「再ナビゲーション」と同様、「再ナビゲーション番号」も、ガイダンスと同列に扱われる処理で、アイコンが並列表示されます(ガイダンスが有効でない場合は再ナビゲーション番号は無効になります)。

00004

それでは、確認の為に、実際に電話を掛けてみます。

電話を掛けるとガイダンスが流れた後に、先ほど設定した「再度このメッセージをお聞きになりたい場合は「9」をダイヤルしてください。」というガイダンスが流れます。

そこで「9」をダイヤルすると、ガイダンスが再度流れるのが確認できるはずです。(ガイダンスの途中でもダイヤル可能です。)

いかがでしたでしょうか?

引き続き、ナビゲーション設定についてご紹介していきます。

SNSでもご購読できます。