電話番号を失効しないための「継続課金」の薦め

ナビフォンでは、決済手段として「クレジットカード決済」の他に「銀行振り込み」を取り扱っておりますが、お勧めしたいのがクレジットカード決済を利用した「継続課金」サービスです。

初めてナビフォンを利用される方には、まずはお試しということで「都度課金」をお勧めしますが、ナビフォンを継続して利用されている方、今利用している電話番号を失いたくないという方は、「継続課金」の利用が断然お勧めです。

まず、継続課金の利点として、都度課金のように毎回チャージする必要がありません。(2018年9月5日より、毎月5万円まで自動チャージされるようになりました。)

「継続課金」を一度設定しておけば、ナビフォンポイントが一定ポイントを下回ると自動的に設定額までポイントチャージされますので手間なくチャージすることが可能です。使い勝手としては、Suica(スイカ)のオートチャージサービスと同様のものとお考えください。

また、決済サービスにはAmazon Pay(アマゾンペイ)を利用しておりますので、普段、アマゾンを利用されている方は迷うことなくアマゾンに登録中のクレジットカードでそのまま決済利用いただけます。その上、弊社ではクレジットカード情報は保持しませんので、セキュリティも安心です。

しかも、前述したように継続課金の1ヵ月のご利用金額の上限が5万円までとなっておりますので、使いすぎの心配もありません。(上限は毎月1日にリセットされます。)

もし、上限の毎月5万円を超えた場合はナビフォンから別途メールでお知らせいたしますので、この場合、次月になるまでナビフォンポイントを「手動」でチャージしていただく必要があります。

また、何より大きな利点として継続課金を設定しておけば、ナビフォンポイント不足による電話番号の失効を未然に防ぐことができます。
ナビフォンでは、一度失効した電話番号を再取得することはできません。これは一般的な固定電話と同様です。

電話番号料の課金は、継続課金の後に処理されますので、万が一、月末にナビフォンポイントが不足していても、継続課金を設定しておけば、ナビフォンポイント不足による電話番号を失効を防ぐことができます。

以下が、継続課金、Amazon Pay(アマゾンペイ)の仕様となります。

■継続課金のタイミングは「次月消費ポイント+500ポイント」を下回った場合に自動でチャージされます。(例えば、次月消費ポイントが1,000ポイント未満の場合は1,000ポイント、1,000ポイント以上の場合は次月消費ポイント)までポイントがチャージされます。

具体的には、次月消費ポイントが300ポイントだとすると、「300ポイント+500ポイント」の800ポイントを下回った場合には、800ポイントではなく、1000ポイントがチャージされます(1,000ポイント未満の場合は1,000ポイントチャージされる為)。

■継続課金の1ヵ月のご利用金額の上限は5万円までで、一度設定すれば毎月5万円まで自動でチャージされます。上限の5万円を超えた場合はナビフォンより別途メールでお知らせいたします。この場合、次月になるまでナビフォンポイントを手動でご購入いただく必要があります。

■継続課金のご利用金額は毎月1日にリセットされます。

もし、名刺やホームページにナビフォンで購入した電話番号を記載していた場合、電話番号を失効してしまうと、名刺の作り直しやホームページの修正など、多大な手間や修正、出費が生じます。

しかも実際に修正するとなると、その他にも大きな時間という損失が出てくるでしょう。そうならないためにも継続課金の設定はお勧めです。

もし想定よりも多くチャージしてナビフォンポイントが毎月余るという場合も大丈夫です。ナビフォンポイントは古いものから消費されていきますし、継続課金はいつでも停止することができます。

継続課金は何より、いま利用している「電話番号」を失効させないための最善の方法と覚えておいてください。

継続課金の設定方法については以下をご覧下さい。

ナビフォンの継続課金について

タイトルとURLをコピーしました